伊藤伸二の吃音(どもり)相談室

「どもり」の語り部・伊藤伸二(日本吃音臨床研究会代表)が、吃音(どもり)について語ります。

2008年06月

国立特別支援教育総合研究所での講義

2008年6月20日
 国立特別支援教育総合研究所での講義

 金曜日の深夜というより、土曜日の午前1時近く、神奈川から戻りました。
 神奈川県の久里浜で、受講者、研究所の研究員3人も加わって居酒屋で3時間30分も話し込んでいたため、最終の新幹線で、私の駅へは着かずに2つ手前の四条畷止まりで、それからはタクシーで帰りました。
 国立特別支援教育総合研究所では、現職教員の短期、長期の研修をしています。発達障害、情緒障害、言語障害のコースに養護学校や、特別支援学級、ことばの教室の教師が大勢研修に来ています。もう20年近く講師とし久里浜へは行っているのですが、研修要項を見ると、私のような民間人はほとんどいません。ほとんどが、多くの人に知られているような大学教授や研究所の人ばかりです。どこにも所属していない、民間人を講師として呼んでいただくのは本当にありがたいことです。
 全国から教員が集まりますので、国立特別支援教育総合研究所には居ながらにして全国の流れがわかります。研究員との昼食や居酒屋での話で、全国の情報を、特別支援学級、ことばの教室の今の流れを知ることができる私にはとても貴重な時間です。
 自閉症や、発達障害の流れは、少しずっですが私の考えていることに近くなっています。それを言語障害の分野ではなかなかそうはいかないのは言語病理学から出発したからだろうとの話になりました。
 特別支援教育の流れで、発達障害、情緒障害にはたくさんの受講生が集まり、というよりは教育委員会が押し込み言語障害コースはわずかに6名の受講者です。こんな贅沢な研修は、お国の仕事だからなのでしょうね。その言語障害の中でも、吃音はますます相対的に小さなものになっています。ことばの教室の子ども達も、発達障害、情緒障害の子どもが増え、相対的に割合は低下しているものの減っているどころが増えているというという印象が話されていました。
 受講生はじっくりと話を聞いてくれ、共感してくれました。最後に感想を言ってもらったとき、泣き始めた人がいました。「笑いあり、涙あり」の講義は初めてだと、居酒屋では話していました。どもりは人が生きるということとつながり、自分の悩みや、劣等感と共振したのでしょう。
 じっくりと吃音について話を聞いてくれる人、私の話を大勢に聞かせたいと思っている人と過ごす時間は、とても幸せな時間です。
 私の吃音にとらわれ、強い劣等感をもって悩み始めるプロセス。吃音の悩みからどう解放されていくかを、エリクソンのライフサイクル論を使って、事例検討のように受講者と話し合っていきます。私の講義は常に当てていきます。このことはどうですか? 何があったと想像しますか?など、ひとりひとりに聞いていきます。その前提として必ず「パス」をしてもいいことを確認します。受講生のことばの教室の教員の中に、以前私の話を聞いたことがある人が2人もいて、その内の一人は「当てられる」ことに不安があったようです。その情報がみんなにいっていて覚悟をしていたようなのです。
 ひとりの吃音の青年の事例を通して、アメリカの吃音の歴史と、日本の歴史、アメリカの臨床と私の臨床の違いなどをあきらかにしていきます。
 特に、流暢に話す派と流暢に吃る派の対立と統合的アプローチの話は丁寧にします。その上で、学童期・思春期の吃る子どもへの支援について、TBSのニュースバードの40分のビデオ、キャンプの記録のビデオなどを見てもらい話し合っていきます。
 今年のシラバスにはこう書きました。
 「吃音の問題は症状のみではない。吃音に起因して生じる様々な困難さを視野に入れ、また、生涯にわたり吃音症状が消失しない可能性も念頭において指導・支援を考える必要がある。では、症状の軽減消失にとらわれない支援とはどのようなものなのか、子どもが自らの吃音と上手く向き合い、つきあっていくことを支えるために、教育の現場で何ができるか。様々な実践、試みを通して提示する」
                   伊藤伸二

ソーシャルワーク演習 3

ソーシャルワーク演習 7回目   インタビューゲーム

伊藤伸二流・インタビューゲーム
 
 4月から始まった演習も中間点。いつものようにインタビユーゲームをしました。
インタビユーゲームは、教育実践家、平井雷太さんが考案したものです。私たちも長年使っています。ペアになって20分ずつインタビューしあうのですが、3つのルールがあります。
1 何を聞いてもいい
 2 聞かれても言いたくないことは言わなくてもいい
 3 聞かれなくても、言いたいことがあれば言ってもいい

 このルールでインタビューをします。メモはとってもかまいません。後でインタビューを記事のように文章化して書くからです。20分程度ですから、できたらメモをしないでただインタビューしていく方がいい。メモに注意がいって相手との関係がおろそかになり、調査をしているような感じになるからです。
 私は、このインタビューゲームの前に、話をし確認することがあります。
 「コミュニケーションの5つの要素」
 1 自己概念
 2 傾聴
 3 感情の適切な処理
 4 アサーション
 5 自己開示 

 この後、「傾聴の5つの技法」の話をし、実習します。
 1 相づち、うなずき
 2 繰り返し
 3 明確化
 4 感情の反射
 5 質問

 この後、メンバーが少し知り合うために、リラックスする雰囲気のために、
 自己概念ゲームをします。
 その後で、全員が自由に歩き回り、私がストップをかけた時点で、一番近い人とペアを組むのです。
 20分ずつインタビューをしたら、ひとつのストーリーのように編集していきます。その時「私は000です」と相手になったようにまとめるのです。書き終わると、互いに交換し、大きな誤りがあるかチエクしてもらい訂正します。
 そうしてできあがったものを、相手に書いてもらったものを本人が読み上げます。この時間が実に楽しいのです。普段は何を聞いてもいいにしますが、ソーシャルワーク演習では、学生がとのようにしてこの大学を選び、福祉の興味をもったか私自身がしりたいし、学生同士も知っておいていいと思うので、「私の将来の仕事」「現実的な私の夢」のどちらかにします。始めたてのけいけんなのに、みんなとても良くまとめています。
 普段はあまりまじめな話をしないようで、たくさんの人の仕事や ひとりひとりの仕事や、近い将来の夢について聞くことができ、学生も楽しかっさたようです。
 また、自分に関心をもってインタビューをしてもらうという経験がないので、とてもうれしかったと多くの感想がありました。
 まさに、ソーシャルワーク演習ぴったりの演習です。
たくさんのいい振り返りがあつたのですが、最近スケジュールが立て込みあまりかけません。いずれ時間をみて紹介するかもしれません。

ソーシャルワーク演習 インタビューゲーム

ソーシャルワーク演習 7回目   インタビューゲーム

伊藤伸二流・インタビューゲーム
 
 4月から始まった演習も中間点。いつものようにインタビユーゲームをしました。
インタビユーゲームは、教育実践家、平井雷太さんが考案したものです。私たちも長年使っています。ペアになって20分ずつインタビューしあうのですが、3つのルールがあります。
1 何を聞いてもいい
 2 聞かれても言いたくないことは言わなくてもいい
 3 聞かれなくても、言いたいことがあれば言ってもいい

 このルールでインタビューをします。メモはとってもかまいません。後でインタビューを記事のように文章化して書くからです。20分程度ですから、できたらメモをしないでただインタビューしていく方がいい。メモに注意がいって相手との関係がおろそかになり、調査をしているような感じになるからです。
 私は、このインタビューゲームの前に、話をし確認することがあります。
 「コミュニケーションの5つの要素」
 1 自己概念
 2 傾聴
 3 感情の適切な処理
 4 アサーション
 5 自己開示 

 この後、「傾聴の5つの技法」の話をし、実習します。
 1 相づち、うなずき
 2 繰り返し
 3 明確化
 4 感情の反射
 5 質問

 この後、メンバーが少し知り合うために、リラックスする雰囲気のために、
 自己概念ゲームをします。
 その後で、全員が自由に歩き回り、私がストップをかけた時点で、一番近い人とペアを組むのです。
 20分ずつインタビューをしたら、ひとつのストーリーのように編集していきます。その時「私は000です」と相手になったようにまとめるのです。書き終わると、互いに交換し、大きな誤りがあるかチエクしてもらい訂正します。
 そうしてできあがったものを、相手に書いてもらったものを本人が読み上げます。この時間が実に楽しいのです。普段は何を聞いてもいいにしますが、ソーシャルワーク演習では、学生がとのようにしてこの大学を選び、福祉の興味をもったか私自身がしりたいし、学生同士も知っておいていいと思うので、「私の将来の仕事」「現実的な私の夢」のどちらかにします。始めたてのけいけんなのに、みんなとても良くまとめています。
 普段はあまりまじめな話をしないようで、たくさんの人の仕事や ひとりひとりの仕事や、近い将来の夢について聞くことができ、学生も楽しかっさたようです。
 また、自分に関心をもってインタビューをしてもらうという経験がないので、とてもうれしかったと多くの感想がありました。
 まさに、ソーシャルワーク演習ぴったりの演習です。
たくさんのいい振り返りがあつたのですが、最近スケジュールが立て込みあまりかけません。いずれ時間をみて紹介するかもしれません。

ソーシャルワーク演習 2 専門職者と当事者の思い

専門職者の役割

 私のソーシャルワーク演習は今日で6回目。シラバスに書いてあることだが、もう一度私のソーシャルワーク演習について話しました。前回、福祉現場の事例をもとにした事例研究をして欲しいとの要望がありましたが、私には福祉現場の経験はなく、私なりのソーシャルワーク演習しかできないことを理解してもらいたかったからです。14名ほどの教官が担当する演習のシラバスを読んで、学生は選ぶことになっています。他の教官は、事例検討の演習についてシラバスに書いていますから、私のような演習をする人間は珍しいでしょう。1人くらいはいてもいいとでしょうね。選択肢はできるだけ幅広い方がいいと私は思っています。
 
 講義概要としてシラバスに書いたことです。
 対人援助の仕事につく者は、専門的な知識や技術の習得だけでなく、他者との関係をどうつくり、他者とどう向き合うかを常に考え、学ぶ必要がある。そのためには自分を知り、他者を知ることが不可欠である。本講座は、他者と向き合うために必要な理論や技術を体験的に学ぶ。人が人に、じかにふれ、かかわり、ともに生きることを大切に考えたい。
コミュニケーションのスキルの向上、自己表現、交流分析、論理療法、アサーティブ・トレーニング、竹内敏晴からだとことばのレッスンなど、実際の対人関係に使える理論や技法を体験する。専門職者としての役割や当事者性にもふれ、セルフヘルプグループについても学ぶ。
 具体的内容
・効果的なコミュニケーションの5つの要素
・エリクソンのライフサイクル論によって他者と自分の人生を知る
・交流分析 エゴグラムと自己変革
・障害を持って生きるとは。へレンケラーとサリヴアンの教育の真実
・交流分析 気持ちのいいやりとりをするために
・交流分析 自分を認め相手を認めるストローク
・闇くトレーニング
・聞く、話す、書くの実習インタビューゲーム
・セルフヘルプグループの意義
・さわやかな自己表現アサーティブ・トレーニング
・やわらかに生きる論理療法
・認知療法
・建設的な生き方森田療法と内観法
・からだとことばのレッスン
・エンカウンターグループ
・対人援助の専門職者としてのあり方・条件

 今回の講義
 ・障害や病気とともに生きた人と、専門家とのかかわりの体験を読む。
 ・私が出演したNHK番組『にんげんゆうゆう』と、TBSのドキュメンタリー番組『報道の魂』を観る。

・障害を生きる
 大阪セルフヘルプ支援センターで一緒に活動をしてきたKさんが、病気や障害とともに生きてきた中で、言語聴覚士とのセラピー体験や医師とのかかわりを語る。
 Kさんは心臓病の障害者として生き、医師の反対を押し切って出産し4人の子どもを育てる。後に拒み続けてきた心臓手術を受けて元気になったとおもったら、ヘルペス脳炎にかかり、高次脳機能障害となる。記憶もことばも失うのだが、失語症訓練を受けときのセラピストの態度や方法に反発して、セラピーを拒否する。ひとりで、小学1年生の国語や理科などの教科書、国語辞典でいちからことばを学び直す。映画が一番のリハビリになったという。自らの力でことばを獲得していく強い意志をもつ当事者の声は、大きな人間の可能性を感じさせてくれる。貴重な体験談だ。
 日本吃音臨床研究会・月刊紙『スタタリングナウ癸坑換罅戞。横娃娃押ィ供ィ隠

 体験記を読んだ後、ひとりひとりが感じたこと、考えたことを発表し、伊藤がコメント、解説をしていく。
 高次脳機能障害の自分の祖母との関わりや、実習先の体験などをふまえての学生の発表は興味深かった。「学生がどう思ったか、考えたかを聞いてなるほどと思うことが多かった講義だった。普段の講義では発言の機会はほとんどないので、これもこの講義の良さだと思う」と書いた学生がいた。その日の振り返りの一部を紹介しょう。振り返りには、「にんげんゆうゆう」と「報道の魂」のコメントも多かったがそれは省いた。 

 「当事者の体験を数多く聞けたことで、援助をすべき視点があきらかになった。援助側は学んできた技法にこだわり、薬のようなものなのでという理由で対象者に均一されたやり方で援助を行ってしまう。しかし、それでは、対象者は抑え込まれたような感覚になり、自己を認めてもらえず尊厳を失う。援助者が重視しなければならないのは、相手の尊厳を保つことで、保つためには相手のことをよく理解すること、そして、学んできた援助技術ににこだわらずに、その人に合った方法にアレンジし、その人にとって苦痛に思えない手法を選んでいくことだと思った」
 「専門家は自分の価値観や経験を利用者に押しつけるのはよくないということが、この体験を読んでよく分かった。マニアルで決められていることでも、相手の反応をよく見て、嫌そうにしていたら、別のことを考えるようにしなければ本当のプロとは言えない」
 「専門職者は技術も大事だが、それよりも相手との基本的信頼が大切だと思った。言語療法士も言語指導することでその人が良くなって欲しいとの想いで行ったのだろうが、信頼がないままに押しつけたために相手の尊厳を傷つける結果となつてしまった。初心に立ち返り、その方法が本当にその人に合っているかどうか、考える必要があったと思う。
 「医者などの専門職は知識から学習し、患者や障害者は自身の経験に知識を当てはめる。両者のズレを痛感した。トータル的に学習するマニアル的なものは必要だが、実際に当事者と接することで得られることの方が多いのではないかと思う。情報を簡単に得られる時代になったからこそ、自分自身の肌で確かめる習慣をつけたいと思った」
 「医療や福祉の従事者は、専門職者として治療やケアを押しつけるのではなく、その人らしく生きることができるようにサポートしたり環境を整えたりすることが大切だと改めて感じた。昔は手術やリハビリの方法も医者の言うとおり行うことが当たり前だったが、最近は、説明責任が重視され、患者が治療法を決定するようにもなってきている。しかし、素人で無知の患者からすれば不安も多く、1人一人のニーズを、医者やソーシャルワーカーが把握し、生活の質を高められるケアを大切にしていきたいと思った」

 マニアルについて、話し合ったがそれについてはいつか書きたい。
              2008年6月3日

前向きに生きることをやめる 岡山吃音相談会で

 6月1日、岡山で吃音相談会があった。岡山言友会が開催するものでもう10回くらいにはなるだろうか。古くからの仲間がいる岡山は、島根県と同じようにほっとできるところだ。私の思想、考え方に共感し、それを聞いて下さる人がいるということは、なんと幸せなことだろう。この幸せな気持ちからか、相談会の後必ずどこかの喫茶店のようなところを借り切りってもたれる懇談会で、いつになく饒舌になっていた。

 相談会はいつものように質問から始まる。私は質問を受けるのが好きなのだ。まず、その日相談会に参加した人に、どんな相談をしたいのか、どんな疑問をもって参加したのかを尋ねる。自分の希望していることと違う話だけを聞いて帰ったのではつまらないだろう。
 全ての質問に答えた後で、私が伝えたいことを話すのだが、毎年行っていると、これまでとは違う話をしたいと思う。そのくせ、私は記録というものをとらない。話の計画も立てない。その場で生まれることを話したい、とは聞こえがいいが、要するにいつも行き当たりばったりなのだ。数回以上毎年行っているところは少なくないが、いつも前の年にはどんな話をしたのだろう、違う話をしたいと思うのだが、記録がないし記憶もないのでいつも綱渡りだ。ブログを始めたのはそれを少しカバーしたい気持ちがあったからだ。
 このブログは当然読んで下さる読者を意識して書いている。しかし、私の備忘録でもある。相談会の内容について詳しくは書けないが、何を話したのか少し書き、後は質問についての答えと、印象に残っていることを書きたい。
 ・どもりは治るか治らないかに関連して、日本の吃音の治療の歴史。
 ・アメリカの吃音治療の歴史と論争、バリー・ギターの統合的アプローチ。
 ・安部晋三元総理大臣の発音と、一音一拍。日本語のレッスンと言語訓練。

              質問に答える

 吃音を理解するとは

 「私の夢は、吃音をより多くの人に知ってもらうことだ。今教師になって、自分の学校の生徒に「吃音」のことをいろいろ話している。でもそれではその地区の人にしか広まらない。どうすればもっと多くの人に伝えることができますか」

 私たちは吃音について理解が足りないと思っている。理解して欲しいと思っている。しかし、どのように理解して欲しいかについては明確に意識している人は少ない。そこで、参加者にどのように吃音を知ってもらいたいか、どのように理解されたいかを聞いた。
  ・ことばが出にくい事実を分かって欲しい。
  ・他の障害は見た目に分かるが、どもりは理解しないと何をしているのか不思議がられる。変な人間だと思われる。
  ・それまで割と話していたのに急に吃り始めると、その落差に驚かれる。
  ・話しているとき、吃って間があくことを理解して欲しい。
  ・病院などで、からだの症状について吃って話すと、うっとうしい顔をされる。
  ・吃って困ること、悩んでいることを理解して欲しい。
 これらの発言から、吃音の特徴や吃る事実を認めて欲しいというのがおおかたの意見のようだ。
 では、理解をしてもらうために、私たちはどのような行動をしているかと言えば、質問をした中学校の教師以外は特別にしているわけではない。セルフヘルプグループの活動に参加することが、結果として行動していることになっているには違いないのだが、個人のレベルでは、ほとんどないと言っていいだろう。そこで次の提案をした。
 私たちが吃ったとき、間が開いたり、怪訝な顔をされたとき、不思議な顔をされたとき、これが最大のチャンスなのだ。とても難しいことかも知れないが、このような状態になるのが「どもり」なんですと、あらかじめ、説明する内容を考えておく。理解のない態度をとられるのが嫌だと思わずに、そのような態度をとられることを想定して、想定問答のようなものを考えておくのだ。家庭や職場で、吃って理解ない態度をとられた時こそ、その人を理解者にするチャンスだと考えたい。とてもできない難しいことかも知れないが、吃る人一人一人が直接向き合っているその人を理解者にしていく以外、吃音を理解する社会は実現しないだろう。
 それをやろうと、多くの人が立ち上がったとき、吃音理解の道がひらいていくのだと思う。だから私は常に、チャンスがある限りどもりについて語っていきたいのだ。

  前向きに生きているのに、落ち込みは激しい 

 「私は吃音を前向きにとらえることができるようになり、言いたいことは言っていくようにしている。普段はあまり吃音で悩むことがないが、かなりひどく吃ったときは、すごく落ち込んでしまう。前向きに考えているのに、こんなに落ち込むんだったら、前向きに考えていたことは何だったんだ、バカみたいじゃないかと思うことがある。吃音について前向きに考えても、こんなに吃り、こんなにひどく落ち込むのなら、前向きに考えることは意味がないんじゃないか」
 
 私もそう思う。「ポジィティヴ・シンキング」とか「前向きに」と考えることをやめた方がいい。「前向きに吃音をとらえる」と考えること自体が、「前向きに」ということばに引っ張られている。あるいは、そういうことば自体に酔っている。
 だから、あんなに「前向きに」考えていたのにと、「前向き」を前提に考えるから、ひどく落ち込んでいることが許せない。「落ち込む」自分に対して「落ち込む」ということが起こってしまう。
 人はいろんな苦しみ悩みを抱えて生きている。落ち込むことがあるということを前提にすると、すごく落ち込むときは「前向きに」考えようとするのではなく、落ち込むことが正解で、落ち込むことに身をゆだねればいい。そうすると、自己変化力が働いて、時間やその他の要因で少し元気になってくる。元気になったら「ああ、あんなに落ち込んでいたのに、ずいぶんと楽に、元気になったなあ」と思えばいい。
 私も、とても落ち込むことがある。なにもかも投げ出したくなることがある。そんな自分も自分、「落ち込んでいるなあ」とその事実を認めることで変わってきた。
 「前向きに考える」をあまり意識しすぎると、「前向きに考える」人は、落ち込まないはずだと、論理療法でいう非論理思考に陥ってしまう。悩むときは悩むがよし、落ち込むときは落ち込むがよし。「前向き」ということばを使わない方がいいと思う。でも、この落ち込みがかなり強いものだったら、論理療法の出番だ。
 『やわらかに生きる 論理療法と吃音に学ふ』(金子書房)で柔軟に考える練習をして下さい。
 私も時々落ち込む人間だから、このように話した。みなさんはどうですか。

 この他、まだまだ質問がありましたが、今回はここまでにします。
 
                 2008年6月1日 岡山吃音相談会にて   
livedoor プロフィール
QRコード(携帯電話用)
QRコード
  • ライブドアブログ