第8回 親、教師、言語聴覚士のための吃音講習会

 親、教師、言語聴覚士のための吃音講習会が今年、第8回を迎えます。吃音を生きる子どもに同行する教師・言語聴覚士の会の仲間たちと日々の実践の中で考えたこと、感じたことを出し合い、語り合う中で生まれてきた講習会です。関係者に配布した案内です。

  第8回 親、教師、言語聴覚士のための吃音講習会のご案内
        どもる子どもとの対話〜子どものレジリエンスを育てる〜

           顧問 牧野泰美(国立特別支援教育総合研究所上席総括研究員)

 私たちは「どうしたら吃音と共に豊かに生きることができるか」を、どもる子どもたちや家族と一緒に考えてきました。吃音は世界中で100年以上研究されてきましたが、原因も根本的な治療法も解明されていません。私たちは吃音を治すことはできませんが、対話することはできます。その中で、多くのどもる子どもや大人と関わり、吃音をマイナスのものとしない生き方があること、そして子どもたちは深く考え、語ることができることを知りました。
 そこに至る過程の中で見えてきたのが「対話のもつ力」であり、この私たちの気づきを支えるのが先入観なく子どもの話を聞く「無知の姿勢」や「その人が問題ではなく、問題が問題である」問題の本質を見極める、ナラティヴ・アプローチとの出会いでした。さらに、今回示された「特別支援学校学習指導要領解説・自立活動編」には、指導例として「吃音について学び、吃音をより客観的に捉えられるようにする」が、具体的な内容として「吃音理解に関する本を一緒に読む中で、吃音に対する『分からない故の不安』の軽減を図る」ことが挙げられています。これは私たちがこれまで行ってきた「どもる子どもとの対話の実践」に通じるものです。この講習会では、こうした取組の中で、私たちが大切にしていることを、どもる子どもの保護者や成人のどもる人も含む参加者のみなさんと共に見つめ直し、整理していこうと考えています。また、どもりながら、ろう学校の教員として仕事を続けてきた佐々木和子さんに、どのように日常生活をサバイバルしてきたか、インタビューや参加者のグループでの話し合いを通して、彼女のレジリエンス(回復力・逆境を生き抜く力)を探ります。
 全国のどもる子どもの保護者、ことばの教室の担当者、関係する教師、言語聴覚士と一緒に、日ごろの実践を捉え直し、新たな展望を開くために、熱く、楽しく、有意義な時間を作りましょう。 (実行委員長 三重県津市立修成小学校ことばの教室)

日時 2019年8月3日(土) 9:45〜19:15
       4日(日) 9:00〜16:45
会場 三重県教育文化会館 5F・大会議室
内容・プログラム
  8月3日(土)受付9:30〜
・話をめぐる対話(基調提案に代えて)
       伊藤伸二・日本吃音臨床研究会
       ことばの教室担当者(睫攅戚澄‥邉美穂 溝上茂樹 黒田明志)
・全国難聴・言語障害教育研究協議会全国大会の発表の報告
                <吃音分科会> 横浜市立東小学校  土井幸美
                <難聴分科会> 千葉市立院内小学校 金井あかね
・吃音を生きる成人へのインタビュー 元ろう学校教師 佐々木和子さん
・ミニ講座 ゝ媛擦鮴犬抜く吃音哲学の前提  伊藤伸二・日本吃音臨床研究会
    [健康生成論、レジリエンス、オープンダイアローグ、哲学的対話、
            ナラティヴ・アプローチ、ネガティブ・ケイパビリティ]
・グループでの話し合い [この日の学びを中心に、日頃感じていることなど]
・懇親会 ※希望者

  8月4日(日)受付8:50〜
・ミニ講座◆ 崑佻叩廚里發腸椎柔
              牧野泰美・国立特別支援教育総合研究所上席総括研究員
・どもる成人のセルフヘルプグループによる講座  大阪スタタリングプロジェクト
・ミニ講座 吃音を生き抜く吃音哲学のすすめ  伊藤伸二・日本吃音臨床研究会
・どもる子どもとの対話の実践報告・演習 ことばの教室担当者
・みんなで語ろう、ティーチイン
講習会参加費  6,000円
参加申し込み方法
 下記の,發靴は△里い困譴の方法で、申し込みください。
”要事項を記入し、ハガキか封書で郵送する。
吃音講習会のホームページから、参加申込書をダウンロードして、必要事項を記入し、メールまたは封書で送る。
☆必要事項…〔樵亜覆佞蠅な)⊇蠡位勝´自宅住所(郵便番号)づ渡暖峭罅覆△譴丕藤腺悗癲豊ゥ瓠璽襯▲疋譽后´懇親会参加の有無
☆郵便振替 加入者名:吃音講習会   口座番号:00960-0-282459
☆参加申し込みと同時に、郵便局より参加費を振り込んで下さい。参加申し込み書と参加費の入金確認ができた時点で、正式参加申し込みとします。両方の確認ができましたら、受講票をお送りします。当日、受付で受講票をご提示下さい。
申し込み先  千葉県千葉市立花見川第三小学校 黒田明志
 〒262-0046 千葉県千葉市花見川区花見川1-1
 Mail:kituon-kosyukai@live.jp
問い合わせ先 日本吃音臨床研究会
〒572-0850 大阪府寝屋川市打上高塚町1-2-1526 TEL/FAX 072-820-8244
吃音講習会のホームページ  アドレス:www.kituonkosyukai.com/
 これまでの講習会の報告、大会要項に載せた資料などご覧になれます。講師からの貴重な提案や、ことばの教室の実践報告、どもる子どもや大人の声など、参考になる資料が満載です。ぜひご覧ください。
講師紹介
◇牧野泰美 国立特別支援教育総合研究所上席総括研究員
 専門は言語障害教育、言語獲得、コミュニケーション障害とその支援など。「全国公立学校難聴・言語障害教育研究協議会(全難言協)」をはじめ、各地の「きこえとことばの教室」の担当者や、親の会等と連携しながら、子どものことばやコミュニケーションへの支援の在り方、きこえとことばの教室の役割などについて研究活動を進める。
 著書に、『言語障害のおともだち』(ミネルヴァ書房)、『基礎からわかる言語障害児教育』(学苑社)など。
◇伊藤伸二 日本吃音臨床研究会会長
 21歳の時、セルフヘルプグループ言友会を創立。大阪教育大学専任講師(言語障害児教育)などを経て、現在伊藤伸二ことばの相談室主宰。第1回吃音問題研究国際大会を大会会長として開催し国際吃音連盟の礎を作る。論理療法、アサーティブ・トレーニング、竹内敏晴レッスン、認知行動療法などを活用し、吃音と上手につきあうことを探る。
 著書に、『両親指導の手引き書41 吃音とともに豊かに生きる』(NPO法人全国ことばを育む会)、『吃音の当事者研究−どもる人たちが「べてるの家」と出会った』(金子書房)など。


日本吃音臨床研究会 会長 伊藤伸二 2019/5/28