先ほど、ネットニュースで一般公開された記事です。

多くの人に読んでいただきたいと思います。できるだけ拡散していただければうれしいです。



大好きだった卓球も、恋も吃音を言い訳に手放した。どもりながら生きる道を選ぶまで
「吃音を治す努力を否定する」。そんなメッセージを1976年に宣言した人々がいる。半世紀近くも前に、どもりながら生きることをなぜ声高に宣言することができたのか。

Yuto Chiba
千葉 雄登 BuzzFeed Editorial Intern, Japan

これは本文の一部です。下記のURLでお読み下さい。

https://www.buzzfeed.com/jp/yutochiba/live-with-roar

小学校で過ごした6年の間、音読の時間が何よりも苦手だった。
順番が回ってきたときに頭文字でどもってしまわぬよう、いつだって先回りをして自分が読まなくてはいけない文章の頭文字を必死に探す。
どもりやすいのは「た行」。緊張すると自分の名字ですらつまずいた。

どもった瞬間、突然生まれる静寂が何よりも怖い。気付けば愛想笑いが上手になっていたのは、気まずい沈黙をとりあえず笑ってやり過ごす、そんな時間があまりに長かったからだと思う。
「普通に喋りなよ」という言葉を何度も投げかけられた。きっとクラスメイトに悪気はなかったはずだ。でも、無邪気に突きつけられる「違い」への違和感は大人のそれよりも時に鋭い。

とはいえ中学校に入学した頃から、どもる頻度は減っていった。より正確に言うと、どもりそうな言葉がわかるようになった。どもりそうなときは、とっさに違う言葉で言い換える。どうしても言い換えられないときには、その言葉の前に「えっと…」や「あのー」なんて言葉を付け足して勢いをつけてしまえば問題ない。
これは僕の実体験だ。
大学入学後、これが「吃音」と呼ばれるものだと知った。きっかけはある新聞記事だった。そこで「生きづらさ」として記されているものを、私は知っていた。

そんな吃音当事者で「吃音を治す努力を否定する」と1976年に宣言した人々がいる。吃音のセルフヘルプグループ・言友会だ。
どもることを治すことに必死だった小学校、中学校時代を過ごしたからこそわかる。「どもりながら生きる」ことへの覚悟は並大抵のものではないはずだ。
なぜ彼らは「どもりながら生きる」ことを、こんなにも声高に宣言することができたのだろう。

日本吃音臨床研究会会長 伊藤伸二 2019/05/27