東京吃音ワークショップ

 何度か電話で相談にのっている人から今日電話がありました。
  「吃音を治す、改善する」が、100年以上も歴史がありながら、ほとんどの人が失敗し、結局は、治すことをあきらめて、「吃音と共に生きる」ことは理解してくれました。しかし、本人が、いくら吃音を認めても、やはり周りの視線が,吃音を否定しているようで、どもることは怖いと言います。

  吃音治療は100年以上の歴史がありますが、僕が「吃音を治す努力の否定」を提起し、「どもりを治す・改善する努力」を、「自分の仕事や、趣味、豊に、楽しく生きるための努力」への転換を提起しも吃音と共に生きようと「吃音者宣言」の文章を書いてから、38年の歴史しかありません。

 しかし、この提起は成功したと確信しています。25年の吃音親子サマーキャンプでの子どもたちの成長。大阪吃音教室に集まる人々の吃音について学び続けることで、人生が変わっていいきました、大勢の人々の人生が証明しています。エビデンスもありナラティヴもあるのです。

 「吃音と共に生きる」は、実は誰にでもできることです。
 如何に吃音を否定し、「吃音を改善しなければ」と思い詰めているひとであっても、現に「吃音と共に生きている」事実には変わりがありません。病院などに入院したり、社会生活から隔離されていないのであれば、みんな「吃音と共に生きている」のです。 ただ、「吃音と共に、不本意に生きている」かもしれませんが。

 どっちみち、「吃音と共に生きる」のなら、不本意ではなく、納得していきたいものです。しかし、社会には「吃音を改善すべきだ、努力次第で改善できる」との誘惑が充ち満ちています。社会の理解も多くのどもる人にとっては、納得できるものではないでしょう。その中で「納得して、吃音と共に生きる」ためには、いろんな勉強が必要ですし、ある程度訓練も必要です。努力なしに生き方を変えることはできません。

 大阪吃音教室の人たちは、自分たちは大阪に住んでいてよかったとよく言います。
 毎週金曜日に、多くの仲間たちと学び会えるからです。しかし、全国の人たちにはその機会はありません。そこで、通信教育のように、毎月発行する「スタタリング・ナウ」のニュースレターや、年刊雑誌を購読してもらったり、僕の書いた本を読んでもらい、電話での対話でそれを補おうとしています。

 今日、電話をかけて下さった人は、幸い関東圏の人なので、是非、東京吃音ワークシヨップに参加することをすすめました。一人一人の日常生活の中での困難を、参加した人たちと共に「当事者研究」をしようとすすめました。ひとりで悩んでいると、堂々巡りになります。幸い「吃音と共に豊に生きる」ための実践は、38年の歴史があります。その積み重ねをもとに、みんなで語り合います。

 東京吃音ワークシヨップといいいながら、遠くは九州、近畿、東北、新潟、長野などからの参加があります。今年は、沖縄からの参加者がいます。一日、ゆっくりと吃音について考えるいい機会になると思います。
 よかったら、ご参加下さい。

下記の申し込み方法にそってお申し込み下さい。ただ、僕たちは12月23日〜 1月5日まで、大分県の湯布院に滞在していますので、参加証をお送りするのが、6日以降になると思います。湯布院でもメールはチェックできますので、日本吃音臨床研究会のホームページの問い合わせホームから。メールで申し込みいただければ、対応できるかもしれません。
 ハガキか、ファックスで申し込みとありますが、メールで申し込みくださっても構いません。

吃音と向き合い、語り合う 伊藤伸二・吃音ワークショップ

 「吃音を治すことにこだわらず、どもりながらどう生きていくかを目指そう」と、大阪を基盤に活動している日本吃音臨床研究会の伊藤伸二と一緒に、どもる問題について考えたり話し合ったりする関東地方でのワークショップです。
 参加者ひとりひとりの吃音の悩み、知りたいこと、体験したいこと、学びたいことに関わり、それを皆で共有するスタイルで進めていきます。
 吃音について深く考えたい方、どもりながら生きていく上でいろんな思いを抱えている方、吃音の仲間とじっくり話したい方、伊藤や日本吃音臨床研究会の活動に関心があっても大阪まではなかなか行けない方、この機会にぜひご参加下さい。
 内容は参加者の要望によって組み立てますが、次のようなことが考えられます。
◇吃音を生きる、論理療法、交流分析、認知行動療法、アサーティヴ・トレーニングなどについて
◇吃音で苦戦している問題についての具体的対処
◇どもって声が出ないときの対処・サバイバル
◇吃音を治す言語訓練に代わる、日本語の発音・発声のレッスン
         
□日時 2015年1月11日(日)   10:00〜17:00

□会場 北とぴあ 東京都北区王子1−11−1  TEL 03−5390−1100
      JR京浜東北線「王子」駅北口徒歩2分
      東京メトロ南北線「王子」駅ト崕亳直結

□定員 18名  

□参加費 5,000円

□申し込み方法 
 〔樵亜´年齢 住所 づ渡暖峭罅´タΧ函´ο辰傾腓辰討澆燭い海箸篳垢たいこと О貌伸二・吃音ワークショップを知ったきっかけ
 を書いて郵送かFAXでお申し込み下さい。

□申し込み締め切り 2015年1月8日(木)

□問い合わせ・申し込み先  日本吃音臨床研究会
     〒572−0850 寝屋川市打上高塚町1−2−1526
           TEL/FAX 072−820−8244

日本吃音臨床研究会 伊藤伸二 2014/12/18