日本吃音臨床研究会の活動は、関西地方でのことが多いのですが、毎年、恒例になっている関西地方以外での吃音相談会・講演会もあります。
 今年も、横浜と北九州で行います。横浜は、私たちの研究会が主催ですが、北九州は、北九州市障害福祉センターが主催です。
 どちらも個別相談ではありませんが、参加者の質問をもとにして、話を組み立てたり、参加者みんなで話し合ったりしています。困っていることや悩んでいることには共通点が多く、体験や経験、知恵を出し合い、具体的な対処法をみつけています。
 どもる子どもの保護者だけでなく、どもる子どもを指導したり、臨床に当たっておられる、ことばの教室やスピーチセラピストの方のご参加をお待ちしています。

                          日本吃音臨床研究会 伊藤伸二



◇吃る子どもの親と臨床家のための吃音相談会・講演会(横浜)のご案内
  主催: 日本吃音臨床研究会( Tel・Fax 072-820-8244)
  代表: 伊藤 伸二
        〒572−0850 大阪府寝屋川市打上高塚町1−2−1526

 幼児期、学童期、思春期と進むにつれて吃音の問題は変化します。子どもの吃音とどう向き合い、どのように接すればよいのか、適切な情報が少ない中で、悩んでいる親や教師は少なくありません。日頃、子どもの吃音について悩んだり困ったり、疑問に思ったりしていることなどを持ち寄って、話し合ってみませんか? 横浜での相談会は今回で10回目となります。去年8月には、ことばの教室の先生方と一緒に「吃音ワークブックーどもる子どもの生きぬく力が育つ」という本や「学習・どもりカルタ」を出版しました。読んで使って頂き、吃音のことを深く考えるきっかけとなれば幸いです。皆様のご参加をお待ちしております。

                  − 記 −
日時 : 2011年11月26日 (土) pm. 1:30 〜 4:00 ( 受付 1:00より )
会場 :(横浜市健康福祉総合センター内)横浜市社会福祉センター 9階小会議室902
                         〒231-8482 横浜市中区桜木町1−1
                         TEL 045-201-2060 (車でのご来場はご遠慮ください)
交通 : JR京浜東北線、横浜市営地下鉄;「桜木町駅」下車 徒歩2分

対象 : 吃る子どもをもつ親、吃る子どもに関わる人、指導にあたる臨床家、
吃音に関心のある人
参加費 : 1500円 (資料代)
スタッフ: 伊藤伸二(日本吃音臨床研究会代表、大阪教育大学非常勤講師)
      溝口稚佳子(大阪府寝屋川市立国松緑丘小学校 教諭)
      清水俊子(学校心理士、臨床発達心理士)
申し込み方法 : FAXで、〇疚勝↓⊇蚕蝓↓E渡叩↓い子様の年齢、 ズい辰討い襪海箸篩蠱未靴燭い海箸鮟顱          ,い堂宍へお申し込み下さい。
申し込み及び問合せ先 : 清水俊子(TEL・FAX 046-250-4356)
                   電話での問い合わせは午後8時30分以降にお願い致します。
締め切り : 11月25日(金)
✻当日、直接会場でも受け付けております。参考図書も当日紹介させて頂きます。



◇北九州での吃音講演・相談会
 『吃音の問題に、どのように向き合い、どう取り組めばよいか』
 認知行動療法の考え方に基づいて、吃音の具体的な対処法を提案します。

1 日時 平成23年12月4日(日)
       第1部(幼児、小学生、中学生の相談) 午後1時30分〜4時
          対象者:吃音幼児・小・中学生の親、保育士、幼稚園・小学校教諭等。
       第2部(高校生、大人の相談)   午後6時〜8時30分
          対象者:吃音で悩んでいる大人(高校生以上)とその関係者
2 会場 北九州市立障害福祉センター 
     北九州市小倉北区馬借1丁目7−1(総合保健福祉センター3階) 
                         電話 093-522-8724  Fax 093-522-8772
3 講師 日本吃音臨床研究会会長 伊藤伸二
       講師略歴: 大阪教育大学非常勤講師、言語聴覚士養成専門学校非常勤講師、
               日本吃音臨床研究会会長、国際吃音者連盟顧問理事
テレビ出演: NHK教育テレビ「にんげんゆうゆう」、TBSテレビニュースバード「ニュースの視                  点」。『吃音を持つ中学生をテーマにした23年9月2日NHKテレビ番組の中学生日記「僕              と君のメロディ」の取材協力。
      著書: 『ストレスや苦手とつきあうための 認知療法・認知行動療法 吃音とのつきあいを通して』『や          わらかに生きる〜論理療法と吃音に学ぶ』『話すことが苦手な人のためのアサーション〜どもる          人とのワークショップの記録』(金子書房) 『親、教師、言語聴覚士が使える 吃音ワークブック          どもる子どもの生きぬく力が育つ』『どもる君へ、いま伝えたいこと』『知っていますか? どもりと          向きあう一問一答』(解放出版社) 『治すことにこだわらない、吃音とのつき合い方』(ナカニシヤ          出版) DVD教材「吃音を知る」。カルタ教材「学習・どもりカルタ」(監修:日本吃音臨床研究会)          等。

4 参加費 無料

5 主催  北九州市立障害福祉センター

6 申し込み、問合せ先    北九州市立障害福祉センター  田中・徳本
                          電話 093-522-8724  Fax 093-522-8772