『どもる体』(医学書院)の著者の講演と、トークイベントのお知らせ

 以前、このブログで、吃音に関する新しい視点の本が出版されたこと、お知らせしました。
 『どもる体』(医学書院)は、日本で初めての「どもりの身体論」です。随所にはっとする表現が出てきます。
 僕が吃音の講義や、講演などでよく受ける質問があります。「どもっているとき、体はどうなっているんですか。苦しいんですか」というものです。これがなかなか具体的に言語化できません。それを伊藤亜紗さんが、どもる人にインタビューをして、対談してまとめた「身体論」です。どもる人にとってはうなずけるものになっていますし、どもらない人にとっては、どもりという不思議な「生き物」と出会うことになるでしょう。
 大阪吃音教室の藤岡千恵さんや、最近知り合いいろいろなところでご一緒することがある東大スタタリングという当事者グループの運営に関わっておられる山田舜也さんなど複数のどもる人が、インタビューで登場します。
 その出版を記念して、著者の伊藤亜紗さんの講演があります。その後でゲストとして僕が呼ばれて参加した人たちと一緒に話し合うことになっています。
 おもしろいイベントになりそうです。ぜひ、ご参加下さい。
 また、この情報を多くの人に知らせていただけるとうれしいです。
 よろしくお願いします。

日時 8月11日(土)13:30〜
場所 ロフトプラスワン・ウエスト
会費 前売り2000円
申し込み等、詳しくは、下記をご覧下さい。
    
http://www.loft-prj.co.jp/schedule/west/92336

日本吃音臨床研究会 会長 伊藤伸二 2018/07/18