親・教師・言語聴覚士が、
 どもる子どもと、吃音についてどう話をしていけばいいか
 なぜ、子どもと吃音について話をしなければならないか。対話の意義を考えます。

第7回 親、教師、言語聴覚士のための吃音講習会が近づいてきました。
今年は、第1回目と同じ、千葉で行います。
  日時   2018年7月28・29日
  会場 千葉県教育会館
  参加費 6000円
  申し込み方法
   1.必要事項を記入し、はがきか封書で郵送する。
  2.吃音講習会のホームページから、参加申し込み書をダウンロードして、必要事項を記入し、メールか封書で送る。
☆必要事項 
     〔樵亜覆佞蠅な)⊇蠡位勝´自宅住所(郵便番号)
     づ渡暖峭罅覆△譴弌FAX番号も)ゥ瓠璽襯▲疋譽后´懇親会参加の有無

今回の講習会のテーマは、「どもる子どもとの対話」です。そして、大きな特徴は、ことばの教室での具体的な実践の紹介です。実際に参加者に体験していただき、子どもたちとの取り組みに使っていただけるよう、ていねいに紹介していこうと思います。もうひとつの目玉は、どもりながら消防士として働く男性をゲストに迎えます。面接試験や厳しい消防学校時代をどう乗り切り、日常業務でどもりながらどうサバイバルしているか、インタビューや参加者のグループでの話し合いを通して、彼のレジリエンス(回復力・逆境を生き抜く力)を探ります。生の声をお聞き下さい。ぜひ、参加下さいますよう、ご案内します。案内にある趣旨を引用します。

2018年3月に文部科学省が出した「特別支援学校学習指導要領解説・自立活動編」の吃音に関する記述に、「吃音について学び、吃音をより客観的に捉えられるようにする」が挙げられています。
吃音について子どもたちが学び、知ることを、私たちは大切にしてきました。「怖かった どもりの勉強 するまでは」と、どもりカルタに書く子どもたちは、吃音について役に立つ知識を学び、吃音について対話をすることを求めているといえるでしょう。
子どもと対話をする手がかりとして、私たちは『親、教師、言語聴覚士が使える吃音ワークブック』(解放出版社・2010年)を出版し、私たちのことばの教室の実践を紹介しました。
また、2012年の夏から、「親、教師、言語聴覚士のための吃音講習会」を開き、吃音ワークブックにあるワークをもとにした私たちの実践を通しての交流と新たな学びを続けてきました。
ことばの教室や言語指導室が、どもるために学校生活の中で苦戦している子どもたちにとって、楽しくほっとできる場、どもっても平気でしゃべれる場、自分の考えや気持ちを話し、それをしっかり聞いてもらえる場、クラスや家庭でのストレスを和らげる場であるという、子どもたちの安全基地であることは、最も基本となる一番に大切なことです。その上で、私たちは、子どもが吃音に向き合い、自分のことや自分の吃音のことを自分のことばで語ることや対話することに取り組んできました。
講習会では、私たちの実践<吃音キャラクター、どもりカルタ、吃音チェックリスト、言語関係図>などを実際に体験していただき、ことばの教室や言語指導室でどのように使うか、参加者と話し合いながらすすめます。ことばの教室を初めて担当する人、言語聴覚士として働き始めた人、これらのことを初めて聞く人にとっても、わかりやすいものになるようにその取り組みの理論的背景や歴史なども紹介します。また、どもる子どもの保護者にとっても、子どもと対話をする手がかりになればと考えています。子どもと何を話せばいいかを考えたい人にとって、子どもと不安を持たずに話すための理論的、技術的なことも一緒に学んでいきたいと思います。
また、ゲストに、どもる若き消防士を招き、彼が面接試験や厳しい消防学校時代をどう乗り切り、日常業務でどもりながらどうサバイバルしているか、インタビューや参加者のグループでの話し合いを通して、彼のレジリエンス(回復力・逆境を生き抜く力)を探ります。
 全国のことばの教室の担当者、関係する教師、言語聴覚士、保護者と一緒に、日ごろの取り組みを見つめ直し、新たな展望を開くために、熱く、楽しく、有意義な時間を作りましょう。

詳しい内容や、これまでの講習会の内容については、下記のホームページをご覧下さい。
アドレス  https://www.kituonkosyukai.com/

日本吃音臨床研究会 伊藤伸二 2018/07/19